GoogleMapsのAPIでの地図の表示の方法 - GoogleMapsのAPIの使い方について

GoogleMapsのAPIでの地図の表示の方法

GoogleMapsのAPIを使うとWebサイトに地図を簡単に表示することができます。

まず、そのためにはGoogleアカウントが必要になってきます。


そして、そのアカウントを使ってAPIキーを取得する必要があります。

キーを取得した後は、どこのHPに使うかを指定しておけば、違う人に使われることはありませんので、その設定をしておく必要があります。


そして、このキーをWebサイトに記述する時に記述する必要があります。

このキーはWebページのソースから誰でも見ることが出来てしまうことに注意が必要になります。

キーを他人に知られても上記のように使えるWebページを限定することによって第三者には使えなくすることができます。

Google Maps APIのホームページをチェックしましょう。

GoogleMapsのAPIは、基本的には無料で使うことが可能です。

しかしながら、多くのアクセスがあるWebページだと有料になってしまいます。



そのようなページに使うときは、プレミアムプランなどに入る必要があります。


また、無料のアプリであれば使うことも可能です。
有料のアプリにGoogleMapsのAPIを使いたい場合は、有料のプランに入る必要があります。


基本的には、このAPIはHTMLで記述することですべて対応することが可能です。
地図を表示するだけなら、上記だけで問題ありません。



さらに、地図上にマークをしたいときは、その経度と緯度を調べておけば、それをHTML上に記述するだけで簡単にマーキングすることも可能になっています。