GoogleMapsのAPIとは - GoogleMapsのAPIの使い方について

GoogleMapsのAPIとは

GoogleMapsのAPIとは、HTML形式で記述して簡単にWebサイトなどに地図を表示できるものになります。

一番よく使われているのが、各ホームページなどで本社の地図を出したり各店舗の地図を表示したりすることをやっている場合が多いです。
そして、このGoogleMapsのAPIは基本的には無料で使うことができます。


かなり多くのアクセスがあるホームページだと有料になりますが、ほとんどのWebサイトでは無料で使うことができます。

Google Maps API情報ならこちらのサイトです。

そして、これはWebサイトだけではなくスマートフォンのアプリなどでも表示することが可能になっています。有料のアプリの場合は、料金が必要になりますが、無料のアプリであればこちらも無料で使うことができます。


GoogleMapsのAPIの使い方は、単純に表示するだけであれば、HTMLに記述するだけになります。


そこから、本社や店舗などのマーキングを行うことができます。



これは、各店舗の経度と緯度を調べることによって行うことが可能になっています。


そして、そのマーキングした場所に、店舗マークや本社マークなどをつけることも簡単にすることができます。
そして、現在のGoogleマップにあるストリートビューなども標準機能で搭載されておりますので使い勝手は非常にいいといえるでしょう。
そして、これを使うのもプログラムする必要もなくHTMLに記述するだけで使用することが可能になっていますので、導入も非常に簡単といえるでしょう。