GoogleMapsのAPIの使い方について - GoogleMapsのAPIの使い方について

GoogleMapsのAPIの使い方について

GoogleMapsを使っているサイトは多く存在します。


特に現在主流のスマートフォン端末にはiOSの端末も含めてこのGoogleMapsを使っている場合が多く存在します。

その最大の理由が無料であることが上げられます。
また、カスタマイズもしやすいのでその点に考えても他のものより優秀といえるでしょう。

そして、このGoogleMapsを各サイトに使えるようにするのがAPIになります。


このAPIを使うことによって様々なサイトに表示することが可能になります。

幅広い分野のGoogle Maps APIの情報を今すぐ確認できます。

基本的には無料で使うことができますが、一定以上のトラフィックがあると有料になります。また、アプリそのものが有料のときも費用がかかってくることになります。

通常のWebサイトであれば基本的には無料で使えると考えてよいでしょう。

このAPIの使い方ですが、もっとも多く使われているのは自社の店舗の表示となります。



各ホームページでよくみると思いますが、それも基本的にはこのGoogleMapsのAPIが使われていることがほとんどになります。そのときはその自社や店舗の緯度と経度を調べることによってそれを設定することによって簡単にマーカーをつけることが可能になります。


また、そのマーカーにつけた場所に表示したい画像がある場合もこのAPIを使って表示することが可能になっています。



基本的にはすべてHTMLを書くことができれば、各Webサイトに表示することができるので簡単に設定できるところもメリットといえます。